いまやITなくして日常生活は送れないといっても過言ではないくらい、日常生活の中に入り込んでいるITやコンピューター。

趣味として、単なる遊びの一環として、パソコンなどを操作する場合には別に資格は要りませんが、仕事でITやパソコンなどを操作する場合には、ある資格は持っておいたほうがいいでしょう。

IT/コンピューター関連の仕事に就く人たち自身が、仕事に対してどの程度のスキルを持っているかの指標にもなりますし、更に自分のスキルを向上させるための参考にもなっていくからです。
また、興味があれば、資格を取得しておけば、他の職種から転職する時の好条件にもなりうるからです。

では、IT・コンピュータ関連の資格にはどういった資格があるのでしょうか?

・プログラミングに関する資格試験(全14種)
・データベースに関する資格試験(全12種)
・CADに関する資格試験(全8種)
・DPTに関する資格試験(全5種)
・マルチメディアに関する資格試験(全7種)
・ネットワークに関する資格試験(全20種)
・インターネットに関する資格試験(全10種)
・ハードウェアに関する資格試験(全3種)
・WEBに関する資格試験(全8種)
・文章処理に対する資格試験(全10種)
・情報処理全般に関する資格試験(全10種)
・PC全般に関する資格試験(全13種)
・そのほか(全18種)

このようにIT・コンピューター関連の資格試験だけど多種多様に分かれている。
自分が仕事をしていく上で、どんなスキル、どんな資格が必要かについてまとめておくといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です