0

IT業界は慢性的に人材不足で常に求人広告を出しているようです。自社のホームページ、転職サイト、新聞広告、転職情報誌、ハローワークなど媒体はさまざまで応募方法や選考方法にも違いが見られます。履歴書、職務経歴書、添え状を封筒で送付するのが最も一般的です。

自社のホームページで採用の広告を出している企業は、紙媒体で応募書類を送る方法のほか、サイトに必要事項を入力して送信して、先方からの返事を待つというシステムを取っている企業もあります。転職サイトからの応募は必要事項を入力して、一度人材会社を経由してから企業の人事担当者に届くようになっています。

IT関連職種に応募する場合は職務経歴書にどれくらいのスキルを持っているかを詳しく書いて実力を会社に知ってもらうことが必要になります。システムエンジニアならどのようなプロジェクトに参加して腕をみがいたかをアッピールしたほうが有利になります。
書類選考に通過して面接試験を受ける段階になっても、IT技術職の場合、面接の場面でスキルについての質問がかなりあると思って間違いありません。採用側でも応募者の技術的実力を把握しておかないと採ってみて実際に仕事を行なう場合になってこんなはずではなかったということになりかねません。

従って、応募する方も面接で自己アッピールすることは大切ですが、実力以上のはったりは止めた方が無難です。IT業界は人の移動が激しく転職をかさねることによってスキルアップを図っていく業界でもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です