大学生活も中盤を迎えると多くの学生は、どのような業界へ就職するか考え始めるようになります。IT業界は新しい業界で日本で古くから伝統を築いてきた業界とは趣が異なります。歴史の浅い企業が多く、年齢層も若い世代が中心となります。年功序列や終身雇用制度とも無縁です。

IT業界でスキルアップしていくにはどのような方法があるでしょうか。セミナー、研修会に参加する方法ももちろんありますが、一つの会社
でルティーンワークを続けていては年月ばかりが経過してなかなか実力は伸びて行かないでしょう。

その達成には転職を重ねることによってスキルを上げて行った方が効率的かもしれません。人生設計もあるでしょうから頻繁に会社を変わることにはリスクが伴いますが、もともと終身雇用制度とは無縁の業界です。会社に籍をおいたまま応募書類を送り、有給休暇やアフターファイブを利用して面接試験を受けましょう。
マスコミによく登場するアナリストたちのプロフィールを見ると職場を次々変わっていることに気がつくと思います。彼らは転職によってスキルアップとステップアップを図っていった人たちの代表例です。絶えずフットワークを軽くして、チャンスを逃さずに自分のスキルアップを実現させてくれる場所に目を光らせ移動していくことが当然の行動のようになっています。

転職するからには、絶えず企業が期待するだけの実力を常に備えておく必要があります。人材バンクなどとも提携してヘッドハンティング
を狙うのも一法でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です