転職の求人倍率はIT業界が一位だそうですが、伝統に縛られことなく常にキャリアップを目指し会社を移動していく人々が多いからでしょう。IT業界で働いている人たちは承知のことと思いますが、この業界は長時間労働が常態化しています。

残業時間の多さに見切りをつけて異業種へ転職する人も多いのではないでしょうか。20代なら未経験分野への転職も充分可能です。培ったスキルを捨ててしまうのはもったいないと思いますが、心身ともに疲弊して将来に希望がが持てない状況まで追い込まれた人は若いうちに人生のリセットをしておくことも充分ポジティブな理由として通用すると思います。

人材バンクの利用はどちらかというとハードルが高いでしょうが、転職サイトや新聞の求人広告なら応募しやすいでしょう。ハローワークは求人数では他の媒体を圧倒していますが、求人を出している企業は無料掲載できるうえ、企業情報などハローワークが実際に調査しているわけではありません。虚偽の企業情報を掲載されてもわかりませんし、採用する気がないのに常時掲載している企業もあります。助成金目当ての場合も多く、玉石混合といった感は否めません。

その点人材バンクや、転職サイトとに依頼している企業はお金をかけて求人活動をしているので信頼性も高く、応募する価値が高いといって良いでしょう。人材バンクでは個人個人に応じたきめの細かいアドバイスや企業の紹介が期待できますし、転職サイトでも内定を獲得するまでのさまざなノウハウを教えてくれます。実り多き会社人生を送るためにもこのような機関を有効活用してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です